ブログ YOGA 大人の女性の基礎知識

愛されボディの作り方~美脚の育て方-発育編-~

投稿日:2018-08-28 更新日:

岡山のYOGA&LIFE STYLE【まほらま】

【らしさ】を引き出す

バランススタイリストの守屋真衣です。

 

下半身にお肉が付く理由

 

 

そもそも・・・ですが、

 

男性に比べて女性は、

下半身にお肉がつきやすい”仕組み”になっています。

そのため、下半身をお悩みに挙げる方は多い。

 

まずは、その”仕組み”から紐解いていきましょう。

 

■女性が下半身にお肉がつきやすい理由
〇 男性よりも筋力が少ない。ゆえに、下半身に水分をため込みやすい。

〇 生理周期や出産により、骨盤が歪み、開きやすい。
〇 子宮を守るために、子宮近辺に脂肪がつきやすい。〇 女性ホルモンの影響で、脂肪をため込みやすい。


女性は、生命を身体に宿し、守らなければいけないため、

そもそも、「脂肪がつきやすい身体」です。

ではなぜ、「美脚」と「そうでない脚」に分かれるのでしょうか。

 

下半身のお悩みから解放されるには

 

答えはシンプルで、

 

「理由をつぶせば美脚になる」と、いうことです。

 

美脚の女性も、そうでない女性も、

ほぼ似たような機能を持った身体を使い、日常生活を送っています。

なのに!!!!!

美しい脚

と、

そうでない脚

に、別れてしまうのです!!!!

悔しい!

 

と、いうことで、

具体的に対策を考えていきましょう。

 

「男性よりも筋力が少ない。ゆえに、下半身に水分をため込みやすい」
「女性ホルモンの影響で、脂肪をため込みやすい」

 

まずは、この2つの理由から潰していきましょう。

「水分をため込みやすい」と「脂肪をため込みやすい」は、

ためても、流せばいい、ということです。

そのため、

①筋力をつけること(ポンプの役目や代謝)

②リンパを流すこと(水分を流す)

で、改善していきます。

 

そのため、

筋力をつけるために、ウォーキング、

リンパを流すために、リンパマッサージを行うことが効果的です。

 

「生理周期や出産により、骨盤が歪み、開きやすい」

 

女性と骨盤の歪みは、切っても切れない関係にあります。

なぜならば、女性は骨盤の中にある子宮で、

約50cm、3キロもの生命を宿し、育てなければいけません。

そのため、男性に比べて骨盤は柔軟にできています。

朝、晩のリズムでも骨盤は開閉しています。

 

なので、

当たり前のように歪みます。

 

そこで、大切なことが

 

歪んだ状態から、フラットな状態に戻す術を知っていること。

 

通常、人間の身体は「睡眠」で自分の身体を調整しています。

しかし、最近の寝る直前までスマホを見ることで

睡眠時に優位になるべき「副交感神経」よりも「交感神経」が

優位なまま睡眠につき、疲れがとれない方も多いです。

これは、身体が十分に脱力できていないため。

 

しっかり脱力できる身体をつくること

 

これが、とっても大切です。

 

子宮を守るために、子宮近辺に脂肪がつきやすい。

 

いわゆる、「浮き輪肉」です。

身体の機能として、「子宮近辺に脂肪がつきやすい」。

では、ついている人、ついていない人の何が違うのでしょう。

ポイントは3つ!

〇姿勢が悪い
 ※参照ブログ 「仙骨」を制する物が美スタイルを制する!〇炭水化物に依存気味〇内臓が冷えている

 

 

美脚の道は険しい!?

何もしていない生活から、これらのことを一気に取り入れることは

難しいと思います。いや、続かないでしょう。

なので、いつもの生活に「プラス1習慣」で取り入れてみて下さい。

もっと、もっと、もっと

美しいあなたへ。

 

にほんブログ村 美容ブログ 女子力アップへ
にほんブログ村

 

-ブログ, YOGA, 大人の女性の基礎知識
-, , ,

Copyright© まほらまの魔法 , 2018 All Rights Reserved.