皆さん、こんにちは!

岡山のココロとカラダのバランスタイル
【まほらま】の
バランススタイリスト!モリヤマイです。

私はね、ヨガのインストラクターもしています。

で、ヨガってね、【呼吸】がとっても大切なんですよ。

ヨガ=呼吸 と、言っても過言ではない・・・たぶん。

じゃ、なんでそんなに【呼吸】が大事なんだろうか。

不思議に思ったことないですか。

 

呼吸のやり方にも色んな種類があるのだけれど、

代表的なものは

〇腹式呼吸

〇胸式呼吸

だと思います。息を吸って、お腹を膨らませるのか、胸を膨らませるのかの違いですが、

〇腹式呼吸 = 副交感神経優位 = リラックス

〇胸式呼吸 = 交感神経優位 = 活動的

二つの呼吸は、同じように呼吸しているように見えて、

スイッチが全く違います。

 

 

これ、すごくない?

 

 

これを知っていれば、自分の心をコントロールしやすくなるんですよ!

だってね、リラックスしたいとき、落ち着きたいときは腹式呼吸、

やる気になりたいとき、奮い立ちたいときは胸式呼吸

 

こんな感じにできるわけです。

 

ヨガの最終目的は【悟り】ですが、

悟るためには、感情に巻き込まれていては

自分以外に目を向けることは難しいです。

 

だから、呼吸をコントロールすることで、

自分自身をコントロールしていく。

 

でも、しっかり息を吸い込んで、しっかり吐ききれる【身体】でないと

やっぱり、呼吸で得られるメリットは少ないです。

しっかり酸素を身体のすみずみまで行き届かせることができる。

そんな身体をまず、創ること。

それが、ヨガでポーズをとる目的です。

ポーズでは、身体は変化しても、完全に心をコントロールすることは

難しいと思います。

 

そして、ポーズを快適にするために【ヤマ・ニヤマ】と呼ばれる

した方がいい行い、しない方がいい行いの教えがあります。

この教えに沿って、普段の生活をするとともに、

ポーズと向き合っていくことが大切なんです。

 

ホント、ヨガは奥深い。

 

奥深いからこそ、表面的な部分だけで誤解されることも多いと思います。

そう、ポーズじゃない。

柔軟な方がいいけれど、今、柔軟である必要はない。

身体は動かせば、必ず変わります。

だからこそ、【変わりたい!】と、思うことが一番重要なんですよ。

だって、ヨガのポーズは呼吸をしやすい身体作りのためにしていることだから。

 

ほんと、ただ、それだけ。

 

パフォーマンスに走る必要もなく、

身体が硬くても良くて、

自分の一番【気持ちいい】を探すこと。

それが、自分の身体を大切に扱い、

自分の心を大切に扱うようになります。

呼吸するたびに、身体からあふれてくる声に耳を澄ませ、

自分の心の底から湧き出てくるエネルギーを感じてください。