岡山のYOGA&LIFE STYLE【まほらま】

【らしさ】を引き出す

バランススタイリストの守屋真衣です。

 

「仙骨」が重要なわけ

 

皆さま、「仙骨」を意識して生きていますか?

たぶん、「意識してますっ!」と、いう方は少ないのではないか、

と思いますが、まず、「仙骨」ってなに!?

 

骨盤の後壁にあたる、「ぞうさんの顔」の部分が仙骨です。

ちょうど、お尻の割れ目の上あたり。

仙骨は、英語で、

sacred bone」 = 神聖な骨

ラテン語で

「os sacrum」 = 聖なる、神聖な

日本語で「仙」は、

不老不死や、不思議な力などを表す文字として使われます。

このように、「仙骨」は、

「聖域」として考えられていたことが伺えます。

 

仙骨業界では、色々な説が言われているので、(笑)

「こんな考え方もあるんだなーーーー」程度で

知っていただければと思います。

 

上の写真を見て頂くとわかるように、

「ぞうさんの顔」にあたる仙骨。

そして、

「ぞうさんの鼻」にあたる尾てい骨。

上には背骨が続いています。

「美しい姿勢」には、このラインがとても重要です。

そして、このラインを美しくするために

「仙骨」を意識することがとっても重要になります。

 

「仙骨」の感覚を掴む!

 

「美しい姿勢」には、仙骨を意識することが重要です。

 

 

一番左が、いわゆる「猫背」。

首と肩が前にでて、背中が丸くなり、

膝が曲がります。

そのため、骨盤は後倒し、肩甲骨は外に流れています。

日本人、そして、女性は特に、

丸くなろうとする力が強く、「猫背の方が楽」

と、いう方も多いと思います。

しかし、猫背は身体のバランスを崩し、

より老け顔にもなってしまうので、

健康、美容面からも大敵です。

 

そして、猫背の逆。

 

それが一番右、いわゆる「反り腰」。

骨盤が前倒し、肩甲骨が内側に寄っています。

一見すると、胸がひらき、ヒップアップして、

姿勢が良いようにみえるかもしれませんが、

腰椎の負担は相当で、痛みを伴うことも多いです。

 

骨盤の後倒とか、前倒とか、

解剖学を知らないと、

なかなかわかりくい部分もあるので、

だからこそ!

「仙骨」に意識を向けていくことで、

骨盤が、後倒・前倒ではない

フラットな状態にすることができます。

 

そこで、よく出てくるワードが

 

「腰骨を立てましょう!」

「仙骨を立てましょう!」

 

と、いうもの。

 

でも、このワードだけだと、

なかなか感覚は掴みにくいと思います。

 

身体は、全てが繋がっています。

 

なので、単体で考えるのではなく、

繋がりで考えていくことがヒントになってきます。

 

まずは、椅子に座った状態で、

「腰骨・仙骨を立てる」=「坐骨が椅子に当たる」

ということです。

 

 

お尻の出っばっている骨が、

椅子にガツンと当たっている状態。

そのまま上半身をまっすぐに保ちながら、

不必要な緊張、つっぱりを緩めていきます。

そうすると、仙骨が自然に理想的な状態になっています。

 

身体の変化をよく見てみよう!

 

仙骨を理想な状態で立たせたときの

身体の状態をしっかり観察してみてください。

内ももを閉じて、お腹は上へ引きあがってないでしょうか?

 

これが、美しいスタイルの要です!!!

 

運動やストレッチも大切ですが、

こうした、普段の姿勢の意識を変えるだけでも

スタイルは劇的に変わっていきます。

 

にほんブログ村 美容ブログ 女子力アップへ
にほんブログ村